News


大日不動産の強み、ココにあり!

その1  親切で丁寧な対応が自慢! 昭和生まれのベテラン宅建士&ベテラン営業

業歴14年、売買・賃貸ともに、親切で緻密な対応が自慢の宅建士(店長・多比良)、業歴40年以上の売買専門ベテラン営業(酒井)、業歴28年、売買賃貸共、実務経験が豊富な宅建士(2代目社長 可児)の3名が担当します。

店長の多比良(たひら)ってどんな人?

昭和61年生まれ、学生時代は柔道に打ち込み、黒幕有段者です。土木の専門学校を卒業して、家業の土木会社に勤務。その後、宅建士の資格を取得して、約10年間、不動産業者で売買と賃貸の経験を積み重ねました。令和2年1月に、縁あって大日不動産(岐阜)の店長として就任し、現在に至ります。

営業はもちろん、書類作成と物件調査がとても緻密で、実力は可児社長(当HP執筆者)を超えている?かもしれません。どのような難しい案件であっても、社長と相談しながら、常に、お客様の目線に立ち、期待に応えられるよう毎日全力で頑張っています。そして、責任が取れない案件は、きっぱりと「弊社ではできない。」と言い切れる強さも持っています。それが本当の誠実さでもあり、引き受けた責任を最後まで全うする。それを体現しているのが、店長の多比良です。

多比良は、自らもマイホームを購入し、住宅ローンの経験者でもあります。小学生2人の子育てに奮闘中。休日はジムで体力づくりをしながら、マイホームパパとして、とても優しいお父さんです。ちなみに多比良は「たこやき作り」が大得意で、神社仏閣巡り(西国三十三か所など)が趣味です。

業務としては、過去に大手賃貸仲介会社に長年在籍し、そこで店長も経験したので、賃貸管理、賃貸仲介も得意分野です。売買も、2代目可児社長のもとで困難な案件を多数こなしてきたので、かなりベテランの領域に達しています。営業は誠実であることが当然というポリシーであり、これまでもこれからも、正直でまっすぐな不動産営業マンであり続けるでしょう。

2代目社長の可児(かに)ってどんな人?

昭和46年生まれ、郡上市の美並という山村で育ち、毎日裏山に登って、田んぼで草野球したり、イノシシが生息する谷の奥まで探検したり、野イチゴでいちごミルクをつくるような毎日を送っていました。真面目で繊細だけど、好奇心が旺盛な少年でした。小学校6年生から岐阜市の梅林に家族全員で引っ越して、田舎者の少年は、すっかり岐阜の街っ子になりました。中学時代~高校時代は早朝に新聞配達のアルバイトをしていて、高校時代には、そのアルバイト代でサイクリング車を買い、ユースホステル(安宿)に泊まりながら、一人で各地をツーリングしたり、青春18きっぷで全国各地を電車旅していました。

さて、大日不動産は創業昭和39年。もとは関市で「可児不動産」という個人事業でした。子供のころから、父(亡 可児勝美)の背中を見て育ち、子供の頃から岐阜市の事務所についていくのが大好きでした。

岐阜市内の高校~東京都内の大学を経て、26歳の時に、家業である大日不動産に入社、バブル処理~リーマンショック~アベノミクス~コロナショックの時代をこの目で見てきました。

1998年から2015年頃まで、岐阜の大手地銀(大垣共立銀行さん)の本店審査部&共立(現OKB)信用保証会社の信任を経て、岐阜地区の任意売却物件(=不良債権となった住宅)の売却処理を何十件もリピート受託。先代社長(父)と共に営業の先頭に立ち、困難な取引を多数経験して、債権者である銀行さんはもちろん、数多くの売主・買主に喜んでいただきました。その後不良債権処理は落ち着きましたが、地元金融機関との連携は今もしっかり続いています。

また、可児は一時期、父のもとを離れて(ケンカをしたことがきっかけで)東京~横浜~名古屋へ不動産売買の武者修行に出た時もあり、大都市圏の不動産売買も多数経験しました。その時、不動産業者の表裏(とりわけ不誠実な現実)を沢山垣間見て「これからの不動産業者はどうあるべきか?」という思索を深める絶好の機会となりました。

あと、担当者(可児)の強みとして、売買仲介だけでなく、住宅ローンの経験値もしっかりあることです。自ら住宅ローンを何と3回!も組んでおり、住宅(自宅)を2回売却しています。その中で、注文住宅を1回建てて、フルリフォームを1回経験しています。さらに、大日では賃貸仲介&賃貸管理業務は20代の頃から数多く経験しており、アパート、貸家、事業用建物、月極駐車場、事業用定期借地権、普通借地権(旧法・新法)など、ほとんど何でもやっています。また、自ら別会社で大家業もやっています。したがって、賃貸絡みの売買も、自信をもって対応することが可能です。

そして、社長の可児も、小学生2人の子育てに奮闘中。子供はめちゃくちゃ元気で、50歳超えの父は体力が追い付かず、なかなか大変です(笑)

なお、可児は現在、岐阜・長野&関東の2拠点で事業を行っており、(長野&関東は「東日本オフィス」として展開中)岐阜には毎週1日滞在しています。対面でお会いする場合は完全予約制となりますが、お電話でしたら、いつでも繋がります直通090-1477-5565 御用の方は、いつでも携帯までお電話下さい。


その2  空き家・相続不動産の買取・仲介

近年、少子高齢化がいっそう進行し、空き家が急増しています。特に、築年数の経過した建物は、中心市街地でも郊外でも増えつつあります。

そのような空き家を相続等で譲り受けどうすればよいか迷っている方が、非常に増えてきています。売るのか貸すのか、放っておくのがいいのか、色々な選択肢がある中、大日不動産では、お客様にとっての最善の選択肢をご提案しています。

特に、古家の場合、「解体するのが最良」という発想で進むことが多いのですが、実は、築年数が経過していてもまだまだ使える建物が多いのも実情です。大日の担当者はそのあたりを冷静に見極め、まだ使えそうな建物については、大日不動産が、貸家専門の投資家または買取業者を紹介するか、エンドユーザー向けに仲介で顧客を見つけて、建物検査&リフォーム(リノベーション)を行って再利用して頂くことも提案しています。

建物解体は最終手段、使えるものはとことん使う。それはまさに、持続可能性(SDG'S)を追求することにほかなりません。また、古家には独自の味わいがあり、近年の若い世代では、昭和テイストな畳や和室、塗り壁などに斬新さを覚える方が増えています。

そのような観点から、空き家の有効活用により、古き良きものと最新技術を融合した、第三の住まい方を積極的に提案していきたいと思っています。

空き地についても、積極的に売却や有効活用のご提案を行っています。

空き地については、大日不動産での買取(造成・宅地分譲)や、エンドユーザーへの仲介も行っております。売却しない場合であっても、月極駐車場や貸地としての活用方法もあります。弊社が長年培ったノウハウを生かし、最善最適なご提案をさせて頂きます。

もちろん、居住中(入居中)の建物、賃貸中の貸地等もOKです。プライバシーの確保や引っ越しの手配、権利関係の調整など複雑なことも、売主様や賃借人の目線に立ち、懇切丁寧に対応させて頂きます。

築古アパート、築古貸家など、賃借権付き建物の売買も取り扱っています。築年数が経過していても、賃料付きでさえあれば、投資物件として検討される買主様は多数いらっしゃいますので、ぜひ、そのような案件も、お気軽にご相談下さい。

※エリア、物件によっては買取や仲介を受託できなかったり、高額を提示できない場合がありますので、予めご了承ください。


その3  個人間売買サポート(親族間・法人間など直接取引のお手伝い)

規定仲介料の30%以内(最安38,500円・上限220,000円、売主買主双方)にて対応いたします! 

「売買の相手がすでに分かっているので、不動産屋さんに探してもらう必要はなかったが、価格交渉や契約書の作成、登記の手配など、売買に必要な手続きの一部または全部を手伝ってほしい。」「売主と買主は決まったが、金額や条件が決まっていないので中に入って調整してほしい。」

そんな方のために、大日不動産では、独自の個人間売買サポートを展開しています。サービス提供エリアは、岐阜県全域・愛知県(一宮~犬山・名古屋)・三重県(桑名~四日市)です。

そもそも、不動産取引は、物件調査や価格交渉、契約書の作成など難しい作業が多く、友人や親族間でもトラブルなどが起きてしまう事があります。大日不動産では、そのような個人間売買の「必要な部分」だけ、お手伝いさせて頂くことにしています。難しい交渉事から物件調査、重要事項説明書と売買契約書・告知書・各種合意書の作成まで、交渉から裏方作業までお手伝いできますので、大きな問題が発生すること無くスムーズに売買することが可能となります。その分お客様の心理的負担も少なくなり、もめごとの無い、満足度の高い不動産取引を実現することができます。

昔から「不動産取引はトラブルが付きもの。」と言われています。だからこそ、個人間売買を行う上で不動産屋さんのサポートを得ることは、少し費用はかかりますが、とても合理的なことと言えます。(あとは、仲介手数料(報酬)がいくらであるかということと、依頼者にとって、信頼出来る不動産屋さんであるかどうかです。)
「個人間売買をしたいけれど、自信が無いからプロに助けてほしい!」そんな方は是非、大日不動産の個人間売買サポートをご利用下さい。


一.大日不動産について


岐阜本店

接客スペース

<沿革>

昭和39年    2代目の父「可児勝美」が岐阜県関市で創業。

昭和51年3月  岐阜市鶴田町2丁目に移転して法人化。現在「岐阜オフィス(本店)」として稼働中

平成25年3月 「可児猛」が2代目社長に就任。

令和4年3月   長野市南千歳2丁目にて「長野オフィス」開業。(同11月 長野市三輪9丁目に事務所移転)

<経営理念>  

先代の創業理念  地域社会への感謝と奉仕 誠心誠意の創意と努力(1964~2010)

2代目 当初の経営理念 不動産を通じてお客様の幸せづくりに貢献します。(2011~2022)

2024~ 経営理念  5つのお約束

<新・経営理念>

私たちは不動産取引を通じて、美しく活気がある街づくりのお手伝いいたします。

そして、皆様に笑顔と安心をお届けし、幸せづくりを全力でサポートいたします。

これからの大日不動産は、「美しい、活気あふれる街づくり」をサポートいたします。弊社が取引の対象とする不動産は、美しく活気がある街づくりに繋がるものでなければならず、大日不動産はその取引を介して、重大な責務を負っています。

また、大日不動産は、取引を通じてご縁のあったお客様や、取引に直接・間接に関わった方(物件の近隣の方など)が、未来に渡り、「笑顔で安心できる毎日」「幸せづくり」を提供する責務を負っています。

言葉は簡単そうに見えますが、実は、ものすごくレベルの高い実践になります。

大日不動産はその決意に基づき、必ず、この経営理念に沿った営業活動を進めていき、その理念の実現のために何ができるかを日々考え、結果を出していきます。

<大日不動産 5つのお約束>

(1)誠実(=正直、まっすぐ)

(2)迅速(=ご要望を早く実現)

(3)丁寧(=わかりやすい説明、間違いのない物件調査)

(4)明るく笑顔(=気持ちの良い接客)

(5)豊富な選択肢の提示(=最善策のご提案)

<備考>

前・経営理念に基づく弊社の考え方。(現在も、この考え方が大日不動産の行動指針(哲学)となっています。)

「私たちはみな、幸せになりたいですよね。」

それが、私たち大日不動産の原点となる考え方です。 また、創業者である可児勝美は、次の言葉を頻繁に使っていました。

「不動産の仕事は、ギブ・アンド・ギブ」

つまり「お客様に、より多く与えよう。」ということです。2代目の社長もスタッフ一同も、その考えを理解し、承継しています。

私たちにとって、生活するため、仕事をするために、土地・建物 (不動産)は必要不可欠なものです。その土地建物を、売主様が満足するよう売らせていただき、買主様に満足して買って頂く。大家様に喜んでいただけるよう貸すお手伝いをさせていただき、入居者にも満足して借りて頂く。ご縁があったすべてのお客様から「大日さん、ありがとう」の言葉をいただく。それが、私たちスタッフ一同の満足と幸せにもつながるのです。

私たちが幸せになるためには、様々な手段があります。その一つが「不動産とのかかわり方」です。

不動産を通したやりとりを通じて、ご縁があったお客様に幸せになっていただく。
そう思うと、自ずと「今、お客様に何をしなければならないか?」「今、お客様にどのような提案をするべきか。」ということが見えてきます。すなわち、「常にお客様の心に寄り添いながら対処する。」ということです。 その積み重ねが、結果としてお客様からの信頼につながり、会社の存続にもつながると、私たちは考えています。

大日不動産は、お客様の心に寄り添い、幸せづくりのお手伝いをすることを、これからもずっと大切にしてまいります。



お気軽にお問い合わせください。058-247-1666営業時間 8:30-18:00(土曜日は8:30-17:00)水日祝は不定休

お問い合わせ